2012年03月27日

幼稚園惨めな思い出

幼稚園の時の思い出です。その頃、僕は幼稚園が嫌いでな子供でした。
そのため休みがちだったので、園で聞いたのか、友達に聞いたのか、
ある日、次の日はお昼ごはんがいると知りました。
それは遠足でお弁当が必要だったのですが、本人はさほどのことに感じず、
母に明日昼ごはんがいると告げただけのような気がします。働いていた母は、
忙しいからパンでよいか?と聞きました。このあたり、記憶があいまいですが、
好きな菓子パンをもっていく方がうれしくてそれでよいと答えたと思います。
そして当日、近くの有名な寺院の庭園まで歩いて行った。
つまりは本格的な遠足だったのです。お昼になり、他の子たちは、
敷物を広げお弁当を出しました。ただご飯を食べるとだけ考えていた自分は、
かばんも園の青い通園バッグで敷物も何も持っていませんでした。
その状態では、他の子と一緒に食べる気にもならず、
どうしようかとポツンと一人でいました。
記憶はあいまいですが中に同じような子がいたような気がします。
その子に、かばんの上に菓子パンを置き、「ここで食べればいいよね。」
と言い一緒に食べた気がします。とてもやるせない惨めな気持ちでした。
この一件のせいでしょうか、気が付いたら菓子パンが嫌いになっていました。
小学生や中学生になってクラブの時とかでも、いわゆる総菜パンをいつも買っていました。
ただこの件、母親が悪い気がしますが、きちんと遠足であると伝えず、
多分お便り的な物もあったのに渡さなかった幼稚園嫌いの自分が悪かったのは本人が一番わかっていました。
母親は、遠足と知っていれば、どんなに忙しくてもそれなりの用意をしてくれる人でしたから。今でも一つ謎のなのは、多分水筒も持っていなかったと思うのですが飲み物はどうしたのでしょうか?なんとなく記憶の端をたどると先生がどうにかしてくれたのかな?誰かにもらったのかな?たどっていってもわかりません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
posted by やじお at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら
一気に思い出モードな記事ですねーー(*´∇`*)
わかります〜〜〜
そういう幼心にも悲しき思い出
私も似たような思い出で
やはり遠足で母が作ってくれたのはおいなりさんだけ( ̄△ ̄;)
女の子同士はよくおかずの取りかえっことかするのに
取りかえるおかずがなくて悲しかった

でもそのこと、、母に言えなかったな
やっぱり 母は働いてたから、、

こんないい大人になっても心がちくっっとする
お弁当の思い出

だからこそ、、
子供のお弁当

やじおさん、、思い入れがあるような
気がします、、
Posted by まりも at 2012年03月28日 00:11
まりもさん

そうですね。できることはしてやりたい、
という気持ちは、こういう体験から来てるのかもです
でも最近、子供が距離を置くようになった気がして
自分が子離れできるか心配です。
Posted by やじお at 2012年03月28日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260417171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。